2017/11/04

アメリカ10月雇用統計(2017年)は非農業雇用+26.1万人と大幅増も平均賃金は予想下振れ

米10月雇用統計が11月3日に発表されました。

非農業部門雇用者数 +26.1万人(市場予想+31.3万人。前月分は+1.8万人、前々月分は+20.8万人に修正)

失業率 4.1%(市場予想4.2%)


非農業部門雇用者数は、市場予想は下回りましたが大幅増の+26.1万人でした。前月が大型ハリケーンの影響でマイナスだった(+1.8万人に修正)ので、10月は大幅な伸びが見込まれていました。

失業率は市場予想4.2%に対し4.1%と、2000年12月の3.9%以来の低水準となりましたが、後述しますが労働参加率の低下の影響とみられているようです。

非農業部門雇用者数の推移は、

米非農業部門雇用者数の推移のグラフ2016年11~2017年10月
11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月
+16.4+15.5+21.6+23.2+5.0+20.7+14.5+21.0+13.8+20.8+1.8+26.1
単位:万人

非農業部門雇用者数の民間の内訳と政府機関合計は、

項目8月9月10月
民間合計+18.4+1.5+25.2
財生産小計+7.3+1.8+3.3
建設業+2.4+1.1+1.1
製造業+4.4+0.6+2.4
サービス業小計+11.1-0.3+21.9
卸売業+0.51+0.91+0.57
小売業-0.24+0.67-0.83
輸送業+0.67+2.51+0.84
情報業±0.0-0.3-0.1
金融業+1.0+1.3+0.5
専門職+4.7+2.2+5.0
派遣業+0.87+0.78+1.83
教育・医療業+4.6+2.2+4.1
接客業-0.9-10.2+10.6
政府合計+2.4+0.3+0.9
総計+20.8+1.8+26.1
単位:万人
※重複やその他等あるので各項目を合計しても総計にはなりません。

建設業は前月と同値でした。
製造業は前月より伸びました。

情報業・専門職・派遣業・教育医療業は前月より改善しました。
接客レジャー業は前月の大型ハリケーンの影響の反動で大きく伸びました。
卸売業・小売業・輸送業・金融業は前月より減速しました。

政府部門は前月より改善しました。


失業率は前月より0.1ポイント改善し4.1%で、2000年12月の3.9%以来の低水準となりましたが、労働参加率は前月の63.1%から0.4ポイント下落し62.7%となりました。失業率の改善は、労働参加率の低下の影響とみられているようです。

平均賃金は、前月の26.54$(修正値)から26.53$となりました。パーセントにすると±0%でした。市場予想の+0.2%を下回る結果で、平均賃金が伸びないことが懸念されているようです。平均賃金が伸びないのは、一番雇用が伸びているのは賃金の安い接客レジャー業であることが影響しているとみられているようです。

本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働く人を含めたU6失業率は、前月の8.3%から0.4ポイント改善し7.9%となりました。

失業率の推移は、

失業率の推移のグラフ2016年11~2017年10月
11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月
4.64.74.84.74.54.44.34.44.34.44.24.1
単位:%


10月雇用統計は、市場予想は下回りましたが非農業部門雇用者数が+26.1万人と大きく伸び、失業率も4.1%に改善しましたが、平均賃金が前月比で±0%と懸念される内容でした。

2017/10/07

アメリカ9月雇用統計(2017年)は非農業雇用-3.3万人も失業率・平均賃金は改善

米9月雇用統計が10月6日に発表されました。

非農業部門雇用者数 -3.3万人(市場予想+8.0万人。前月分は+16.9万人、前々月分は+13.8万人に修正)

失業率 4.2%(市場予想4.4%)


非農業部門雇用者数が市場予想を大きく下回り-3.3万人でしたが、9月は大型ハリケーンの影響で悪化することはある程度織り込み済みだったので、それほど大きなネガティブサプライズにはなりませんでした。

むしろ、失業率の改善や、後述しますが平均賃金の改善の方がマーケットに好感されたようでドル高になったようです。

非農業部門雇用者数の推移は、

米非農業部門雇用者数の推移のグラフ2016年10~2017年9月
10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月
+12.4+16.4+15.5+21.6+23.2+5.0+20.7+14.5+21.0+13.8+16.9-3.3
単位:万人

非農業部門雇用者数の民間の内訳と政府機関合計は、

項目7月8月9月
民間合計+13.3+16.4-4.0
財生産小計-2.0+6.6+0.9
建設業-0.9+1.9+0.8
製造業-1.1+4.1-0.1
サービス業小計+15.3+9.8-4.9
卸売業+0.43+0.18+0.67
小売業-1.08-0.73-0.29
輸送業+0.77+0.80+2.18
情報業-0.3-0.4-0.9
金融業+1.1+0.8+1.0
専門職+4.3+4.3+1.3
派遣業+1.29+0.75+0.59
教育・医療業+5.1+4.5+2.7
接客業+5.0±0-11.1
政府合計+0.5+0.5+0.7
総計+13.8+16.9-3.3
単位:万人
※重複やその他等あるので各項目を合計しても総計にはなりません。

建設業は減速しました。
製造業はマイナス転換しました。

卸売業・小売業・輸送業・金融業は前月より改善しました。
情報業・専門職・派遣業・教育医療業・接客業は前月より減速しました。
特に接客・レジャー業は大型ハリケーンの影響で-11.1万人と大きく減少しました。

政府部門は前月より改善しました。


失業率は前月より0.2ポイント改善して4.2%となりました。これは2001年2月以来の低水準です。
労働参加率は、前月より0.2ポイント上昇して63.1%となりました。

平均賃金は、前月の26.43$(修正値)から0.5%上昇して26.55$となりました。市場予想の+0.3%を上回るかなり強い結果でした。

本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働く人を含めたU6失業率は、前月の8.6%から0.3ポイント改善し8.3%となりました。

失業率の推移は、

失業率の推移のグラフ2016年10~2017年9月
10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月
4.84.64.74.84.74.54.44.34.44.34.44.2
単位:%


9月雇用統計は、非農業部門雇用者数が大型ハリケーンの影響で-3.3万人と市場予想を下回るマイナスでしたが、失業率・平均賃金ともに大幅に改善したことをマーケットは好感し、12月利上げ予想の障害にはならないとみる向きが多い結果でした。

2017/09/02

アメリカ8月雇用統計(2017年)は予想を下回り年内利上げ観測後退か

米8月雇用統計が9月1日に発表されました。

非農業部門雇用者数 +15.6万人(市場予想+18.0万人。前月分は+18.9万人、前々月分は+21.0万人に修正)

失業率 4.4%(市場予想4.3%)



非農業部門雇用者数、失業率ともに市場予想よりも悪い結果でした。後述しますが、平均賃金の伸びも市場予想に届かず、この結果を受けて、12月にもあるだろうと予想されていた利上げは後ずれするのではないかという見方がマーケットに広がっているようです。

一方で、平均賃金の伸び鈍化は気になりますが、非農業部門雇用者数も失業率も数字自体はそれほど悪くないので、12月利上げを妨げるほどのものではないという見方も一部にはあるようです。

非農業部門雇用者数の推移は、

米非農業部門雇用者数の推移のグラフ2016年9~2017年8月
9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月
+24.9+12.4+16.4+15.5+21.6+23.2+5.0+20.7+14.5+21.0+18.9+15.6
単位:万人

非農業部門雇用者数の民間の内訳と政府機関合計は、

項目6月7月8月
民間合計+20.7+20.2+16.5
財生産小計+4.2+2.3+7.0
建設業+1.5-0.3+2.8
製造業+2.1+2.6+3.6
サービス業小計+16.5+17.9+9.5
卸売業+1.19+0.61+0.63
小売業-0.37-0.19+0.08
輸送業+0.56+0.16+0.19
情報業-0.1-0.4-0.8
金融業+1.5+1.0+1.0
専門職+4.4+5.0+4.0
派遣業+1.11+1.01+0.01
教育・医療業+4.0+5.4+2.5
接客業+3.8+5.8+0.4
政府合計+0.3-1.3-0.9
総計+21.0+18.9+15.6
単位:万人
※重複やその他等あるので各項目を合計しても総計にはなりません。

建設業は改善しました。
製造業は堅調に伸びています。

卸売業・小売業・輸送業は改善しました。
情報業・専門職・派遣業・教育医療業・接客業は減速しました。
金融業は同値でした。
政府部門は前月よりマイナスが鈍化しました。


失業率は前月より0.1ポイント悪化して4.4%となりましたが、依然として低い数字です。
労働参加率は、前月と同値の62.9%でした。

平均賃金は、前月の26.36$から0.1%上昇し26.39$でした。市場予想の+0.2%を下回りました。

本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働く人を含めたU6失業率は、前月の8.6%と同値でした。

失業率の推移は

失業率の推移のグラフ2016年9~2017年8月
9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月
4.94.84.64.74.84.74.54.44.34.44.34.4
単位:%


8月雇用統計は、非農業部門雇用者数が+15.6万人、失業率も4.4%、平均賃金の前月比も+0.1%といずれも市場予想を下回り、一部アナリストを除いて12月利上げの後ずれ観測が増える結果となりました。

2017/08/05

アメリカ7月雇用統計(2017年)は非農業雇用予想上振れで利上げ路線継続に

米7月雇用統計が8月4日に発表されました。

非農業部門雇用者数 +20.9万人(市場予想+18.0万人。前月分は+23.1万人、前々月分は+14.5万人に修正)

失業率 4.3%(市場予想4.3%)



非農業部門雇用者数は、市場予想を上回り、前月に続き+20万人台にのせる強い結果でした。

失業率も市場予想通りの4.3%と、好調を維持する結果となりました。

完全雇用に近い雇用状況の中、最近は非農業部門雇用者数や失業率よりも注目されている平均賃金ですが、後述しますが前月比が市場予想と同じまずまずの結果でした。

非農業部門雇用者数の推移は、

米非農業部門雇用者数の推移のグラフ2016年8~2017年7月
8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月
+17.6+24.9+12.4+16.4+15.5+21.6+23.2+5.0+20.7+14.5+23.1+20.9
単位:万人

非農業部門雇用者数の民間の内訳と政府機関合計は、

項目5月6月7月
民間合計+15.3+19.4+20.5
財生産小計+1.3+3.2+2.2
建設業+0.7+1.5+0.6
製造業±0.0+1.2+1.6
サービス業小計+14.0+16.2+18.3
卸売業-0.18+1.03+0.61
小売業-1.04+0.18+0.09
輸送業+1.36+0.61+0.09
情報業-0.5+0.2+0.4
金融業+1.0+1.3+0.6
専門職+5.0+3.2+4.9
派遣業+1.53+0.29+1.47
教育・医療業+3.7+4.3+5.4
接客業+3.3+4.0+6.2
政府合計-0.8+3.7+0.4
総計+14.5+23.1+20.9
単位:万人
※重複やその他等あるので各項目を合計しても総計にはなりません。

建設業は減速しました。
製造業は改善しました。

情報業・専門職・派遣業・教育医療業・接客レジャー業は前月より改善しました。
卸売業・小売業・輸送業・金融業は前月より減速しました。
政府部門は減速しました。


失業率は前月より0.1ポイント改善して4.3%となりました。
労働参加率は、前月より0.1ポイント上昇し62.9%となりました。

平均賃金は、前月の26.27$(修正値)から0.3%上昇し26.36$になりました。市場予想の+0.3%と同値でした。

本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働く人を含めたU6失業率は、前月の8.6%と同値でした。

失業率の推移は

失業率の推移のグラフ2016年8~2017年7月
8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月
4.94.94.84.64.74.84.74.54.44.34.44.3
単位:%


7月雇用統計は、非農業部門雇用者数が+20.9万人と市場予想+18.0万人を上振れし、失業率も4.3%の好結果で、平均賃金も市場予想通りの前月比+0.3%となりました。9月のFOMCでバランスシートの縮小開始を決定し、12月に利上げするというマーケットの予想を妨げない結果でした。

2017/07/08

アメリカ6月雇用統計(2017年)は非農業雇用+22.2万と市場予想上振れも失業率と平均賃金は下振れ

米6月雇用統計が7月7日に発表されました。

非農業部門雇用者数 +22.2万人(市場予想+17.8万人。前月分は+15.2万人、前々月分は+20.7万人に修正)

失業率 4.4%(市場予想4.3%)

すでに失業率が完全雇用に近い水準まで低下し、非農業部門雇用者数の伸びはそれほど期待されていなかったようですが、+22.2万人と、+20万人台にのる非常に好結果でした。

一方で失業率は前回より0.1ポイント悪化し4.4%となり、後述しますが平均賃金の伸びも市場予想を下回る結果でした。

非農業部門雇用者数の推移は、

米非農業部門雇用者数の推移のグラフ2016年7~2017年6月
7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月
+29.1+17.6+24.9+12.4+16.4+15.5+21.6+23.2+5.0+20.7+15.2+22.2
単位:万人

非農業部門雇用者数の民間の内訳と政府機関合計は、

項目4月5月6月
民間合計+19.4+15.9+18.7
財生産小計+1.9+1.3+2.5
建設業±0+0.9+1.6
製造業+0.9-0.2+0.1
サービス業小計+17.5+14.6+16.2
卸売業+0.73+0.16+1.0
小売業-0.4-0.72+0.81
輸送業+0.72+1.16+0.24
情報業-1.1-0.6-0.4
金融業+1.6+1.3+1.7
専門職+4.6+5.6+3.5
派遣業+0.17+1.68+1.34
教育・医療業+4.5+3.5+4.5
接客業+6.0+2.5+3.6
政府合計+1.3-0.7+3.5
総計+20.7+15.2+22.2
単位:万人
※重複やその他等あるので各項目を合計しても総計にはなりません。

建設業は改善しました。
製造業はプラス転換しました。

卸売業・小売業・情報業・金融業・教育医療業・接客業は前月より改善しました。
輸送業・専門職・派遣業は前月より減速しました。
政府部門は大幅に伸びました。


失業率は前月より0.1ポイント悪化し4.4%となりました。
労働参加率は、前月より0.1ポイント上昇し62.8%となりました。

平均賃金は、前月の26.21$(修正値)から0.2%上昇し26.25$になりました。市場予想の+0.3%を下回りました。

本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働く人を含めたU6失業率は、前月の8.4%から0.2ポイント悪化し8.6%でした。

失業率の推移は

失業率の推移のグラフ2016年7~2017年6月
7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月
4.94.94.94.84.64.74.84.74.54.44.34.4
単位:%


6月雇用統計は、非農業部門雇用者数が市場予想を上回る+22.2万人になる一方、失業率は市場予想より悪化の4.4%、平均賃金の伸びも市場予想を下回る+0.2%とまちまちの結果となりました。

2017/06/03

アメリカ5月雇用統計(2017年)は非農業雇用+13.8万人も6月利上げ可能性はなお高いか

米5月雇用統計が6月2日に発表されました。

非農業部門雇用者数 +13.8万人(市場予想+18.2万人。前月分は+17.4万人、前々月分は+5.0万人に修正)

失業率 4.3%(市場予想4.4%)

5月の雇用統計非農業部門雇用者数は、先行指標の5月ADP全国雇用者数が市場予想+18.0万人に対し+25.3万人と大幅に上振れし、5月非農業部門雇用者数も楽観視されていたために、若干のネガティブサプライズになりました。また、前月分、前々月分も下方修正され、非農業部門雇用者数の減速を印象付ける結果となりました。

しかし、失業率は前月の4.4%からさらに低下し、2001年5月以来の4.3%になり、完全雇用といっていい水準のための非農業部門雇用者数の鈍化とみなされ、マーケットで予想されている6月FOMCでの利上げの可能性はなお高いままとなっているようです。

非農業部門雇用者数の推移は、

米非農業部門雇用者数の推移のグラフ2016年6~2017年5月
6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月
+29.7+29.1+17.6+24.9+12.4+16.4+15.5+21.6+23.2+5.0+17.4+13.8
単位:万人

非農業部門雇用者数の民間の内訳と政府機関合計は、

項目3月4月5月
民間合計+5.9+17.3+14.7
財生産小計+1.7+1.9+1.6
建設業±0-0.1+1.1
製造業+1.1+1.1-0.1
サービス業小計+4.2+15.4+13.1
卸売業-0.3+0.6-0.21
小売業-3.95-0.58-0.61
輸送業+0.39-0.02+0.36
情報業-0.8-1.5-0.2
金融業+0.4+1.4+1.1
専門職+5.8+3.8+3.8
派遣業+1.28+0.41+1.29
教育・医療業+1.6+5.0+4.7
接客業+1.1+5.8+3.1
政府合計-0.9+0.1-0.9
総計+5.0+17.4+13.8
単位:万人
※重複やその他等あるので各項目を合計しても総計にはなりません。

建設業はプラス転換しました。
製造業はマイナス転換しました。

輸送業・情報業・派遣業は前月より改善しました。
卸売業・小売業・金融業・教育医療業・レジャー接客業は前月より減速しました。
専門職は前月と同値でした。
政府部門はマイナス転換しました。


失業率は前月より0.1ポイント改善し約16年ぶりに4.3%となりました。
労働参加率は、前月より0.2ポイント低下し62.7%でした。

平均賃金は、前月の26.18$(修正値)から0.2%上昇し26.22$になりました。市場予想と同じ上昇率でした。

本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働く人を含めたU6失業率は、前月の8.6%から0.2ポイント改善し8.4%でした。

失業率の推移は

6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月
4.94.94.94.94.84.64.74.84.74.54.44.3
単位:%


5月雇用統計は、非農業部門雇用者数は市場予想を下回る+13.8万人でしたが、失業率は4.3%に低下し、6月FOMCでの利上げの可能性は高いまま維持されたという見方がマーケットでは多いようでした。

2017/05/06

アメリカ4月雇用統計(2017年)は非農業雇用+21.1万人、失業率4.4%の好結果に

米4月雇用統計が5月5日に発表されました。

非農業部門雇用者数 +21.1万人(市場予想+19.0万人。前月分は+7.9万人、前々月分は+23.2万人に修正)

失業率 4.4%(市場予想4.6%)

前月雇用統計の3月非農業部門雇用者数は、悪天候の影響もあり+7.9万人(修正値)に終わりましたが、4月の非農業部門雇用者数は、+21.1万人と市場予想+19.0万人を上回り、+20万人の大台を回復しました。

失業率は、市場予想4.6%に対し、2007年5月以来約10年ぶりに4.4%となりました。

非農業部門雇用者数の推移は、

米非農業部門雇用者数の推移のグラフ2016年5~2017年4
5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月
+4.3+29.7+29.1+17.6+24.9+12.4+16.4+15.5+21.6+23.2+7.9+21.1
単位:万人

非農業部門雇用者数の民間の内訳と政府機関合計は、

項目2月3月4月
民間合計+22.2+7.7+19.4
財生産小計+8.8+2.3+2.1
建設業+5.4+0.1+0.5
製造業+2.2+1.3+0.6
サービス業小計+13.4+5.4+17.3
卸売業+1.08+0.11+0.82
小売業-2.87-2.74+0.63
輸送業+0.76+0.66+0.35
情報業-0.6-0.6-0.7
金融業+0.5+0.4+1.9
専門職+3.5+5.7+3.9
派遣業+0.98+1.3+0.58
教育・医療業+6.8+1.0+4.1
接客業+3.3+0.9+5.5
政府合計+1.0+0.2+1.7
総計+23.2+7.9+21.1
単位:万人
※重複やその他等あるので各項目を合計しても総計にはなりません。

建設業は前月よりやや伸びました。
製造業は減速しました。

卸売業・小売業・金融業・教育医療業・接客レジャー業は前月より改善しました。
輸送業・情報業・専門職・派遣業は前月より減速しました。
政府部門は前月より伸びました。


失業率は前月より0.1ポイント改善し約10年ぶりに4.4%となりました。
労働参加率は、前月より0.1ポイント低下し62.9%でした。

平均賃金は、前月の26.12$(修正値)から0.3%上昇し26.19$になりました。市場予想と同じ上昇率でした。

本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働く人を含めたU6失業率は、前月の8.9%から0.3ポイント改善し8.6%でした。

失業率の推移は

米失業率の推移のグラフ2016年5月~2017年4月
5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月
4.74.94.94.94.94.84.64.74.84.74.54.4
単位:%


4月雇用統計は、非農業部門雇用者数が+21.1万人、失業率も4.4%と市場予想より良く、6月FOMCでの利上げの可能性を高める結果となりました。